8/29/2015

キラキラネーム

今付き合ってる人は、友達が多い。

彼が多趣味っていうのもあるし
性格もあるんやと思う。
↑今も観察中

で、彼は非常に人見知りする性格なんやが
一旦打ち解けると、喋る、喋る。

当然ステディな私には
身も蓋もないくらいに、何もかも喋る。

初対面の時には想像全く出来んかった。

もうね、小学生並み。

帰宅したら、学校で何があって
先生が何言うて、友達が何して
って、お母さんのスカートの端握って
喋り倒す小学生そのもの。


女同士のおしゃべりはともかく
男の言うことは、たいていどうでも良い事か
どうでも良くなくても
あんまり興味の持てることやない事が多いので
聞き流す癖がある私やけど、

彼はどうでもええこと喋ってるくせに
(わたし的にどうでもええこと率9割)
私がちゃんと聞いてるか確認してくるんで
しょうがないから、適当に流しながらも聞いてるねん。

そこで困ることが一つある。

いや、ほんまは一つだけやないんやが
ここは一つに絞らせてもらう。


それは名前。



「デイブがどうたら、こうたら・・」以下省略

「へー!あのデイブが!?
あんたが話してるんは、歯医者の息子のデイブやよね?」

「違う違う!**のバンドでベースやってるデイブや!」

・・・・

「ほんで、スコッティがあない言うてこない言うて」以下省略

「え!?あのスコッティが?うそん?」

「そやで、スコッティが言うてんで」

「ちょっと待って、それってドラム叩いてるスコッティやよね?」

「ちゃうちゃう、前に一緒に仕事してたスコッティや」

え・・・誰よそれ・・・


てな具合で

たいていの名前が

マイク
デイブ
ダン
ブライアン
ポール
ジョー
ジェフ

この辺で間に合う。


でも、見た目はオヤジ、中身は小学生の彼は(コナンと反対)
私の混乱とはおかまいなしに
喋り続ける。

ちなみに、女もだいたい

クリスティ
アン
ジェン
ニコル
キャシー
ローラ
シャロン
スーザン

この辺で間に合う。

だから私も会話の時に

「ちゃうちゃう、
フィットネスに夢中なクリスティやのうて
毎晩飲んだくれて、二日酔いで翌日仕事休む方のクリスティ」

みたいに説明入れんならん時がある。

名前のバラエティが少なすぎるんですけど。
もうちょっとオリジナリティのある名前とかさぁ
色々あってもええんとちゃうの?


日本人保守的って思われがちやけど
私は、アメリカに初めて来たとき
あまりにコンサバティブな国というか
国民性にかなり驚いてん。

名前見ても、いかに保守的な国かわかるよね。

まあ、そんなアメリカでも
名前に多少の流行はあるらしいが
それでも日本で言うとこの
キラキラネームみたいなんは少ない。





新生児でも、やっぱりマイクとかジェイクとか
クリスティとかケイトあたりに落ち着く。

アメリカに移住した20年前から思ってたことやけど
日本ってさぁ、外から見たら
相当ぶっ飛んだ国やよw
良い意味で。

キラキラネームは確かにあれやが
ある意味、親の思いがこもってて
(若干こもりすぎな名前もあるが)
あれはあれでええと思うで(多分)




にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村



8/24/2015

はえはえかかか

今更ながらやが
虫除けスプレー買うたよ。


こっちで何年か前に買うた虫除けスプレーは
びっくりするくらい強烈な臭いで
薬臭というか、なんというか
その臭いにびっくりして
一回使うただけで、やめてしもてん。

その代わり効き目は凄くて
スプレーしたとこは全く刺されへんかったけど
スプレーしてへんデコルテ、顔、耳は刺されまくった。

まさに耳なし芳一。

で、その後はハーブオイルで自家製虫除け作っててんけど
これがねぇ
あかんわ、効かん。

もしかしたら、日本の蚊や
アメリカでも北部の蚊なら効くかもやけど
フロリダの蚊は、ハーブなんぞ屁とも思ってへんわ。

久々に売り場を見てみたら
昔みたいに油っぽいのやなくて
臭いもマイルドになってたんで
これなら使えるかなって思って。






おそらく何種類か蚊がいてて
刺されても、日本で蚊に刺された時みたいに
普通に腫れて、普通に痒くなって
普通に2、3日で消えるっていうのもいてるんやが、

私と相性が悪いのか、元々性悪の蚊なのか
その辺はわからんのやが
刺されたら最後、直径10センチ以上の範囲が腫れて
痒みはもちろん、痛みが伴うという
強烈な輩がいてるんやわ。

その腫れと痛み痒みは
数日に渡って続くねん。
恐ろしいやろ。


フロリダに引っ越して来て
初めて刺された時は、まだ何にもわからんで
腫れたとこが、カッチカチやし
しかも痛かったから

「あれ、どこかにぶつけたかなぁ?覚えないけどなぁ・・」

って思っててん。

まさか蚊に刺されてこんなことになってたとは
想像もできんかった。


ほんまねぇ、
そら蚊もご飯食べんと生きて行かれへんやろうし
そのご飯が私っていうのは残念なことやが
それも、まあええとしても

普通に刺すだけに出来へんのか?
普通に血吸うだけで去って行かれへんのか?

なんで痒くせなあかんねん?
なんで、こんな腫らさんと気がすまんねん?

みんなが刺されてへん時でも
私だけ食われまくり。

私の何がそんなに蚊的に魅力的なんか
なんでなん?


日本にはキンチョールやら色々あってええわねぇ。

アメリカって蚊よけや、殺虫アイテムって
基本アウトドアを設定してるって感じで
インドアで使えるものがほとんどない。

蚊取り線香ですら(たまに売ってる)
外で使うこと限定になってるねん。

なんでなん?うちの家は蚊いてるよ?
アメリカの他の家には蚊いてへんの?

キンチョールさぁ、インドア向けの商品
アメリカで売ったら売れんちゃう?
てか、売ろうよ。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


8/01/2015

いつか笑ってまた再会

この年になると
みんな、背中に色んな荷物背負ってるよね。


まあ、もしかしたら

私の人生順風満帆♪
背負ってるもんなんぞなんもない♪

って人も居てるかもしれんが、
それは背負ってるもんの重さを
自覚してへん、幸せな人。

私もどっちか言うたら↑こっちに近いけど

20年以上連れ添った相手との離婚後では
さすがに、荷物の重さを自覚せんわけにはいかんかった。


きっと時間が解決してくれるから
どないかなる、いつかどないかなる、
とは思ってるけど


時々、どばっとしんどくなるわ。


でも、こうやって
人間もレベルアップしていくんよね?多分?


悲しいことやら、辛いことも経験して
ほんで、
チャラチャチャッチャチャッチャー♪(←byドラクエ)
って、時々レベルアップするんよね?


荷物がなくなることはないけど
時間が経ったら、湿気も抜けて
干涸びて軽くなるよね、きっと。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村