5/09/2015

フラペチーノって2

席に着いて喋り始めてから
さらに後悔・・・


「これがね、僕の部屋なんだよ」

と、iPhoneでコンドミニアムの写真を色々と見せてくれた。

なかなかええ所に住んでる。


「ほら、ポーチは水路に面してるのさ。
ここで毎朝、出勤前にコーヒーを飲むんだよ。
こないだ、君と電話で話したのもこのポーチさ」


「ステキやね、あなたの家なん?」


「借家だよ」

↑ちょっとむっとした様子。


「そ、そうなんや、でも良いとこやよね**って。
あら!ポーチの家具がステキやね!」


なんでかわからんけど
場を取り繕う私。

無駄に愛想の良い自分の性格に嫌気がさす瞬間・・・


「そう思うかい?全部クレイグズリストで買ったのさ」

「え?」

「僕はね、何でも安く買うのが好きなのさ。
ほら、これも、これも、この家具も
あ、キッチンに置いてるミキサーも、オーブントースターも
全部クレイグズリストだよ」

「へぇ・・・」


別にええけど
オーブントースターやら、めっちゃ安いのに
ウォルマートとか行ったら
20ドルそこらから買えるのに。

そんなもんクレイグズリストで探す時間と労力のんが
わたし的にはもったいないが
まあ、ひとそれぞれやろう・・・


「君も必要な物があったらクレイグズリストで買うといいよ。
なんなら、僕が手伝ってあげるよ。
なんでも安く買えるよ」

「ありがとう・・・」



気を取り直して

「何飲んでるの?」

と訊いてみた。


「ああ、これかい?
これはねぇ、フラペチーノっていってねぇ・・・」


え?


フラペチーノは見たらわかるがな。
何のフレーバーって意味で訊いたんや。


「なんて言えばいいのかな
クラッシュしたアイス、いや、それよりももっと細かくて・・・」


いや、そやからフラペチーノは知ってるって・・・


「スムージーみたいだけど、ちょっと違っててね・・・」


・・・・・


「クリームも入っていて甘くてね」


・・・・・


「とっても冷たくて美味しいんだよ」


・・・・


「・・・へぇ・・・・」




帰宅して、あんまりにも情けなくて
涙出そうになったで・・・

いや、ほんまw

相手をぼろくそに言うのはなんやが
こんなんとデートした自分が哀れで泣きたくなった。

すっかり落ち込んでたとこに、彼からメールが。

超長文やったから、超ざっくり端折るけど


僕は真剣に付き合える相手を探してるが
君はそういう風には見えなかった。
申し訳ないけど
君とはもう会えない云々


ああ、良かった、断る手間はぶけたで・・・

って、こんな奴にふられたんかい!私!!!


おっさんに事の顛末を話したら
最初は私のデート話に顔を引きつらせてたのに
最後にはやっぱり

「そんな奴にふられたんか!君は!!!www」

って爆笑・・・
(若干嬉しそうに見えたんは、私の気のせいか?)

同僚に報告したらやっぱり爆笑・・・

それからというもの
みんなが私のデートのレポートを心待ちにするようになってん。





3 件のコメント:

  1. ちょ〜、ちょ〜、待ってえなあ。

    おもろすぎたやん!

    すんません、笑かしてもらいました。

    返信削除
  2. なかなかツワモノ揃いですやんか~。
    話しを聞いてると笑えるけど、本人は、ぐったりやった事かと。
    お疲れ様でした~♪

    返信削除
  3. いや~、お疲れさまでした!

    『断る手間は省けた、ラッキー!
    けど、こんなんにフラレたんか…』

    となった時のグッタリ感とショック具合、お察しいたします…

    笑ったらアカンけど笑かしてもらいました。

    返信削除