5/27/2014

感謝カンゲキ雨嵐

とにかくラッキーやと思うのはね
なんやかや言うても
周りの人に恵まれてたってこと。

まあ、確かにうわっ!て感じの人もいてるにはいてるが

それもアメリカやから、日本のレベルのうわっ!やないからねw
でもさ、実際私が別居だなんだってなったら
同僚たちが助けてくれてん。

今までおっさんが何でもやってくれてたから
私、ほんまええ年こいた大人やのに
かなりの世間知らずやってんよ。

いや、過去形にしたらあかんか、今もかなりやと思う。


アパートも結局同僚が探してきてくれてん。


「ジェニ、で、どこのアパートに決めたの?」

「**に引っ越すことにしてん」

"NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!"

思いっきり、これ以上ないってくらいに思いっきり
ダメだしされたよw

「あのアパートメントコンプレックスが犯罪多いって知らんの!?」

「え?そうなん?」

「アパート見に行ってなんも気づかなかったの!?」

「若干・・・・でももうデポジット払ってしもたし・・・」

「安全とお金とどっちが大事なんよっ!」

「・・・安全・・・・」

その後、他の人にも訊いたけど
みんな口を揃えてNOOOOOOOOOO!やってん。


でもねぇ、ゲートはあるし
見た目もきれいで何の問題もないアパートに見えたんよね。

普通アメリカで、良くないエリアは
見た目もそれなりやからね。

でも景観はちゃんと管理されてても
私が選んだアパートは低所得者向けやったから(安いとこ探してた)
住人に問題があってん。

低所得者全てがあかんてわけやないけど
そういう人たちが集まってるとこは
犯罪も多いのがアメリカの常識で
で、その見た目の良いアパートも常識通りやったってだけのこと。


在米20年すぎてるのに
まだまだ甘い自分を実感。


結局、最初に凄い勢いでダメだしした同僚のオーロラが
自分の休日を割いて、アパート探しに行ってくれてん。

真面目すぎるくらい真面目で
面倒見の良いオーロラにはほんま
感謝してもしきれへん。

おかげで今は
静かで安全なアパートで快適に暮らしてるよ。


同僚のクリスティの提案で
今週末は同僚をみんな招待して
我が家でガールズナイトする予定。

ガールだけの予定やったのに
ガールと同じやからって理由で
ゲイの同僚たちまで参加することになって
なんか賑やかなことになりそうやけど
てか、ワンベッドルームの狭いアパートに
今わかってるだけでも15人くらい参加するみたいで
ちょっと大丈夫かなって感じw


今もセールスの場は熾烈で
仕事だけは別!って感じで
セールス取られたりは日常茶飯事やけど
いざという時はみんなが力になってくれて
ほんま、心から感謝してる。





8 件のコメント:

  1. 周りの人達が助けてくれるのはジェニちゃんの人徳です。
    みんなジェニちゃんの良さがわかってるから、いざという時は力になってくれるんですね。
    ホンマ、お互い色々あるけど、前向いて頑張りませう!

    返信削除
  2. ジェニさん、いい同僚に恵まれてよかったですね!
    やっぱ住む環境って大事ですもん!
    しかし、15人が、ワンルーム・・・たぶんアメリカのアパートは、広めなんでしょうね
    日本やと絶対に入らんかも(*´Д`*)

    返信削除
  3. よかったです。周りに手を貸してくれる人たちがいて。
    自分を振り返ってみても、もし私が今同じような状況になったら
    頼れるのは日本人の友達ばっかりだと思う。
    フロリダに移って何年だっけ?
    その間にしっかりネットワークを作ってたジェニちゃん、えらい!
    ゲイの人たちって、好きです。耳が痛いこともはっきり言ってくれるしね。
    頼れるところは頼って、少しずつ世間の荒波を経験してください。
    そうやって女は強くなっていくらしい。
    新しいジェニちゃん、楽しみにしてるよ!

    返信削除
  4. ほんとに良い同僚の方々に恵まれてよかったですね!
    困った時に手をさしのべて助けてくれる人がいると、本当に心にジーンときます。人間は本当に生かせてもらってるんだなぁ、と心の底から感じます。

    1ベッドルームのアパートに15人参加のパーティーなんて楽しそうですね!
    良い新居も見つけらたとの事、こちらは住居探すのも簡単ではないし、色々と大変かもしれませんが、人生これからが勝負の時です!

    返信削除
  5. わあ~、これはまさに「遠くの親戚より近くの他人」ですやん。
    思わず涙が・・・。 ネットワーク作り、大事ですね。
    住んでみないと、危険な地域って分かりませんもんね。でも
    良かった良かった。

    返信削除
  6. 良い同僚で、本当に良かった!
    同僚さんが良い場所を探してくれて、
    本当に良かった!!!
    アパートと言えども、地域によって全然違うものね。
    女一人暮らしだと、安全面が一番大事やもんね。
    アメリカって、住居費が本当に高い。
    ジェニさんの人柄の良さが、今回の件に表れている感じです。
    良い場所で新たな生活が出来て、本当に良かった!

    返信削除
  7. ブログのお引越しは確認していましたが
    こんな事になっているなんて今日初めて知りました
    新しい出発がジェニたんにとって幸多い事を祈ります♪

    返信削除
  8. あばれママ2014年5月30日 7:38

    ジェニさん、ご無沙汰してます。ずっと前のブログ止まってたから、
    どないしたはるんやろと気になってましたが、、、、。

    びっくり!いや、まさに私もそうなんです。もうすぐ1年になる、家出主婦。
    子どもの学費と仕送りがあるから、卒業までは私が生命保険の受取人で
    いたいし、まだ離婚してないんですが、、、。

    私も人に恵まれ、今日に至ります。一人暮し、気楽で楽しいですよね!
    体にだけは気をつけて、新しい人生!どんどんいきましょう!

    ジェニさんとは比べもんにならんけど、私は関東というアウェイで頑張ってます。息子らは関西に帰ってしもたんやけど。
    私はタダでは帰れん!ぐらいの勢いです。(いや、勢いだけ?)

    ますます、ジェニさんのブログ、楽しみでーす。





    返信削除